スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットワインを自分で作りたい人の為に! ホットワイン用スパイスミックス 


ホットワインは甘過ぎて口に合わないという方は、自分で作るという手もあります。
そこで必要になるのが ホットワイン用スパイスミックス です。

多少、手間は掛かりますが自分好みのホットワインを飲みたいという方は
チャレンジしてみるのも良いかもしれません。自分で作る楽しさもあるますからね。

restaurant DOLCH(レストラン ドルチ)さんのホットワインのレシピ"

     

          ★ ショップ名  レピス・エピス


     ★ ショップ名  カルディコーヒーファーム
スポンサーサイト

ホットワイン(グリューヴァイン)で体も心もポカポカに!


ドイツやフランス等、冬の寒さが厳しい欧州ではホットワインが大人気ですが
最近は日本でもホットワインの愛飲家が着実に増えています。
「冬はやっぱりホットワインだ!」という声を耳にする機会が増えてきました。

ホットワインは甘いので、「ワインは苦手だ。」という方でも、思わず飲み過ぎて
しまうほど「美味しい!」と感じる方も少なくありません。

体も心もポカポカになりますし。

こちらは赤と白の3本セットで定番の赤白+赤もしくは白が選べて
飲み比べができるお得なセットになっています。



   

      ★ ショップ名  酒食処  寺津屋


ホットワインは温めるだけ(レンジで1分弱。お好みで時間調整)で飲めますが
甘過ぎると感じる方もおられると思います。そういう方は自家製のホットワインを
作るという選択肢もあります。ちょっと面倒ではありますが・・・。

そういう方の為に、restaurant DOLCH(レストラン ドルチ)さんのレシピを
ご紹介したいと思います。水が意外に多いなと、ちょっと驚きましたが。

restaurant DOLCH(レストラン ドルチ)さんのホットワインのレシピ"

イチゴが酸っぱいと感じる方は、「章姫」か「紅ほっぺ」がイイかも。


個人的には先に書いたように、濃厚な味で甘味と酸味のバラスンスが取れた「あまおう」が好みなのですが
人によって好みは違いますよね。中には酸味に敏感な方もいらっしゃいます。

因みに私は塩分にかなり敏感ですので、一般的な方にとって程よい塩味でも私には「塩辛~い!」
ってなっちゃいます。味覚には個人差がありますから仕方ない。

という事で、「甘くて美味しいイチゴ」と聞いて食べたけど、「酸っぱい! 全然甘くないし!」と感じるあなた。
もしかしたら、あなたは酸味に敏感な方かもしれません。


そういう」方には 『章姫(あきひめ)』 が好みに合うかもしれません。酸味が少ない品種です。

ただ、最近は『章姫』の後継品種である『紅ほっぺ』が主流になっていて『章姫』は
ちょっと流通が減少しています。いずれも産地は静岡県です。






      ショップ名  フルーツ SHOMEIDO


ネットショップでは紅ほっぺはたくさんあるんですが、「章姫・・・ ないなー ・・・」みたいな。

探していたら、ちょっと面白いものを見つけました。

『章姫』と『紅ほっぺ』の詰め合わせ です。

   ショップ名  モノックショップFRUITS


 『章姫』の方が、『紅ほっぺ』よりも酸味が少ないです。 食べ比べると違いが分かると思います。

最後に、重要な事を書きますね。

贈答用としてお求めになる場合は、個数が少なくても大粒がイイです。
甘味がかなり異なりますのでね。

イチゴの王様 「あまおう」 福岡県産 美味しい食べ方は?


苺の王様と言われる 『あまおう』 は甘みと酸味のバランスがとても良いイチゴです。
ブランド名からして「甘~い」イチゴと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
「あまおう」という名前の由来は、「赤い」「丸い」「大きい」「旨い」の頭文字を取ったものです。

果実はやや固めでとてもジューシー。味は多品種と比べるとかなり濃厚で甘酸っぱい印象。
あまおうを食べると他の品種のイチゴが水っぽく感じて、私はあまおうしか食べません。
味の濃厚さが際立っていると思います。

下には2つの「あまおう」の写真がありますが、これは粒の大小の違いです。
イチゴは大きい粒(上の写真)の方が甘いです。

イチゴを食べる際の注意点は?



      


            ショップ名  果実庵







             ショップ名  果実庵


・イチゴは冷やしすぎると甘みを感じにくくなりますから、食べる1時間前ぐらいに入れる。

・果実のヘタに近い部分よりも先の方が甘いので、ヘタに近い方から食べる。

ウニが美味しい時期、旬っていつ?


年末からお正月にかけては海産物が食卓を賑わすご家庭が多いと思います。
「年末年始ぐらい贅沢な食材を愉しみたい!」という方も多いでしょうね。

年末商戦でも「ウニ」が人気ですが、実はウニの旬は6月~8月が旬で
最も美味しい時期です。ご存知の方が多いかとは思いますが・・・。

産地によっては若干旬の時期が異なりますが、ほとんどの産地が夏です。

ウニの種類は大きく分けてバフンウニムラサキウニの2種類があります。
バフンウニはむき身の色がオレンジ、ムラサキウニはちょっと薄めの黄色です。

ウニの産地は幅広く分布していますが、やはり最も人気が高いのは
北海道産のエゾバフンウニとキタムラサキウニで他の産地のウニよりも
味が濃厚で美味しくサイズも大きいです。

近年は佐賀県唐津産の赤ウニもブランドとして人気が高まっています。

さて、では、美味しいウニをお取り寄せするポイントは何でしょう?

割り高にはなりますが、やはり塩水ウニです。


   



「ウニは苦い。」と感じている方が多いと思いますが、これは食品添加物のミョウバンが使われているからです。
ウニは殻剥きをして身を取り出すと2日ほどで溶けてしまいますから、型崩れを防ぐ為にミョウバンを使います。
鮮度のよくないウニほどミョウバンの量を増やさざるを得ない側面があり苦味が増してしまいます。

その点、塩水ウニは基本的にミョウバンを使用していませんからウニ本来の旨さが味わえるわけです。

美味しいウニを食べたい方は割高にはなりますが塩水ウニをお勧めしたいです。

ただ、生ウニは当たり外れがありますので塩水ウニをカタログ調にしておきますね。
レビュー等を参考にされると良いのではないかと思います。高価な食材ですので
じっくり吟味なさってください。



      塩水ウニを豊富な種類のカタログ調にしてみました

このスイーツ、食べたいっ! RITATINOのアイスケーキ『コンフェッション』


部屋を暖かくして冷たいアイスケーキを食べるのって最高だと思いませんか?

『麻布リタティーノ』 のアイスケーキ、ハート形でとってもカワイイ!

他にもいろんな種類がありますが、私はやっぱりハート形がいいな。



    

        


ただ、時期が時期という事で・・・

「注文が殺到しているため12月26日以降の発送から承ります。」という事です。
ご訪問いただき ありがとうございます
春夏秋冬の必需品
最新記事
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
検索フォーム
QRコード
QR
プロフィール

四季

Author:四季

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。